原因と対策による育毛剤の正しい効果

薄毛や抜け毛の原因

薄毛というものは色々な要因が折り重なって起こる物が多く、はっきり原因を特定する事は困難です。毛根が無くなってしまえば発毛剤に頼るしか無くなって来ますし、そうでなくとも原因が特定できない限りは治療は難しい物です。

薄毛の原因が判る事により、それらの対処法による育毛剤が生まれ、改善する事によって完治させる事ができます。

薄毛問題でも因果関係がはっきりした物はそう言う形で治療法が確立している物もあり、その一つが男性型脱毛症で、それに対抗する育毛剤がフィナステリドと呼ばれている物です。

元々フィナステリドは前立腺治療に利用されていた物ですが、発毛や抜け毛が収まったなどの効果が出てきたために検証を行なった結果、育毛剤としての力があると判り飲む育毛剤として幅広く運用されています。

特に男性型脱毛症に対しての改善率は高く、3年の検証期間で80パーセントもの改善効果が見られています。男性型脱毛症とは髪の毛のヘアサイクルのうち、成長期が極端に短くなってしまうため細く痩せた髪の毛ばかりになってしまう症状で、その原因は異常な男性ホルモンが引き起こしています。

それに対応するフィナステリドはその男性ホルモンを抑制する事により、頭髪のヘアサイクルを正常に戻す働きがあります。これを使用してサイクルを時間をかけてゆっくりと正しい状態に戻す事ができます。

このように原因かわかっていれば対処は取りやすいものですが、原因を特定するのが一番の難問でもあるため、現在でもどんなタイプにも確実に効く育毛剤と言うのは数が存在していません。

コメントを残す