原因と対策による育毛剤の正しい効果

薄毛や抜け毛の原因

薄毛というものは色々な要因が折り重なって起こる物が多く、はっきり原因を特定する事は困難です。毛根が無くなってしまえば発毛剤に頼るしか無くなって来ますし、そうでなくとも原因が特定できない限りは治療は難しい物です。

薄毛の原因が判る事により、それらの対処法による育毛剤が生まれ、改善する事によって完治させる事ができます。

薄毛問題でも因果関係がはっきりした物はそう言う形で治療法が確立している物もあり、その一つが男性型脱毛症で、それに対抗する育毛剤がフィナステリドと呼ばれている物です。

元々フィナステリドは前立腺治療に利用されていた物ですが、発毛や抜け毛が収まったなどの効果が出てきたために検証を行なった結果、育毛剤としての力があると判り飲む育毛剤として幅広く運用されています。

特に男性型脱毛症に対しての改善率は高く、3年の検証期間で80パーセントもの改善効果が見られています。男性型脱毛症とは髪の毛のヘアサイクルのうち、成長期が極端に短くなってしまうため細く痩せた髪の毛ばかりになってしまう症状で、その原因は異常な男性ホルモンが引き起こしています。

それに対応するフィナステリドはその男性ホルモンを抑制する事により、頭髪のヘアサイクルを正常に戻す働きがあります。これを使用してサイクルを時間をかけてゆっくりと正しい状態に戻す事ができます。

このように原因かわかっていれば対処は取りやすいものですが、原因を特定するのが一番の難問でもあるため、現在でもどんなタイプにも確実に効く育毛剤と言うのは数が存在していません。

薄毛の悩みを解消するには

薄毛で悩む方は数多くいると思います。

いちど気になり始めたら周りの人の視線は気になるし、中々改善がみられないことがストレスになって余計薄毛が進行してしまう事態にもなりかねません。

薄毛が止まらないからと言って慌てて対処しても中々変わらないのが実情のようです。

色々な育毛法や食事療法、育毛剤やサプリメントを試したとしても、どれも「んー、効いてきたような気がする」程度に終わってしまいがちです。そのうち、毎日の育毛にかける手間が面倒になり、やらなくなったりします。

どうしてどの方法も効かないんでしょうか?

それは、薄毛になった原因ときちんと向き合えていないことにあります。

単純に薄毛と言っても状態は人それぞれで、髪の毛が細くなって薄く見える人もいれば、髪の毛が生える本数が少なくなったり、脱毛症になって薄く見える人もいたりと、状況が違います。なおかつ、薄毛にいたる期間や身体的、精神的な原因が違うため、同じ薄毛と言われる症状でも原因が違えば治療の仕方も変わってくることはむしろ当然なのです。そして、ストレス性で2,3日のうちに薄毛になったのでなければ、多くは長い期間をかけて薄毛が進行しているので、直るのもまた時間がかかってくるのです。

そして、その場限りの対処療法を続けていても、薄毛になった元々の原因を探り出さない限りはまた薄毛になったりしますので、根本的な解決にはならないと思います。

まずは、自分の薄毛のタイプを見極めたり、薄毛が気になり始めた頃の生活習慣だったりを思い起こして薄毛の原因を探るところから始めてみませんか。

 

有名所のヘアチェックをまずは受けてみて、今の自分の状況を客観的に知ってみると良いでしょう。 



薄毛の原因を見極めよう

薄毛になるには様々な理由があります。

ひとくちに薄毛と言ってもその状況は人それぞれ違うものです。髪の毛が細くなって薄く見える人もいれば、髪の毛が生える本数が少なくなったり、すぐに抜けてしまったりして薄く見える人もいます。

薄毛が気になり始めて色々な育毛法や食事療法、育毛剤やシャンプーに手を出してみては、「んー、何となく効き目があるなあ」という程度でそのうち毎日の育毛にかける手間がめんどくさくなったりして止めてしまったり、手当たり次第にあらゆる育毛剤を試してみてますます頭皮の環境が悪くなることも考えられます。

薄毛が気になり始めると他人の視線が気になり、そのストレスでますます薄毛が進行してしまうこともあるでしょう。過度なストレスで短期間のうちに薄毛になったのでなければ、多くの人は薄毛の症状が出始めるまでに長い期間をかけているので、薄毛を治すにも同じ長い期間をかけていかないと、根本的な解決にはならないでしょう。

下手をすると、薄毛を対処するのにさらにストレスがかかってますます薄毛が進行するという悪循環にもなりかねません。

まずは、薄毛になり始めた頃の自分と向き合い、薄毛の原因をしっかりと探ることから始めて見ると良いでしょう。大手サロンのヘアーチェックなどを受けて客観的に自分の状況を知っておくこともおすすめします。